安全・安心・健康な農産物を通じた生産者と消費者の“食の信頼の架け橋”を目指します
トップページ 団体概要 業務概要 ダウンロード よくある質問 リンク集
業務概要
残留農薬分析業務
土壌中の肥料成分
分析業務
米食味分析業務
その他分析業務
ぎふクリーン農業
関連業務
調査研究業務
その他業務
残留農薬分析業務
分析対象
  ・ぎふクリーン農業登録作物をはじめとする岐阜県内で栽培されるすべての作物
・土壌、水を対象とした環境農薬分析 = 計量法に基づく計量証明書を発行
 ※H20.3/7 計量証明事業者登録 登録番号第22号
  (水及び土壌中の物質の濃度に係る事業)

分析方法
  一斉分析標準250:スクリーニング分析(多成分一斉分析・314成分)
一斉分析簡易170:スクリーニング分析(多成分一斉分析・183成分)
単成分分析

使用機器
 
ガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS/MS)  2台
液体クロマトグラフ質量分析計(LC-MS/MS)  2台
ガスクロマトグラフ(GC-ECD,FTD)  2台
高速液体クロマトグラフ(HPLC-UV,FL,PDA)  2台

分析の流れ
<一斉分析標準250の場合>
 
@均一化
A抽出(磨砕)
B遠心分離・分取
C濃縮
D精製
E定容
F分析
《GC-MS/MS》

《LC-MS/MS》
Gデータ解析・報告書作成


 有機溶媒抽出とカラム精製により、 岐阜県内で使用されている農薬に最適化しています。
 分析対象農薬は314成分ですが、作物固有の成分等により報告できない項目があり、実際の報告数は減ります。
 また、対象外の農薬であっても、モニターしている成分もあり、分析結果によっては単成分分析での再検査をおすすめする場合があります。

使用分析機器:
 GC-MS/MS:7010 GCMSMSシステム
 LC-MS/MS:6490 LCMSMSシステム
<一斉分析簡易170の場合>

 一斉分析簡易170は、D精製までは標準250と同じ行程ですが、分析機器はGC-MS/MSのみを使います。
 分析対象農薬は183成分ですので、ぎふクリーン農業の新規登録や登録更新の際に必要な残留農薬分析の必要要件(150項目以上の一斉分析)を満たしております。

 しかし、測定にLC-MS/MSを使っていませんので、熱に不安定な性質を持つ農薬成分などが測定対象外となっております。
 出荷前自主検査など網羅的に残留農薬の有無をご確認される場合は、標準250コースを選択されることをおすすめします。


精度管理について
 当センターでは、分析機関として常に正確な分析結果を提供していくために、以下の精度管理策を講じています。
  • 添加回収試験の実施
     分析方法が妥当であるか、分析装置の精度が十分な水準を維持しているかを確認する目的で、分析依頼のあった全品目で毎年度実施しています。
  • 外部精度管理調査への参加
     当センターの分析能力が十分な水準を維持しているかを確認する目的で、一般財団法人食品薬品安全センター秦野研究所が実施する「食品衛生外部精度管理調査」等に毎年参加しています。
  • 内部精度管理試験の実施
     当センターの分析担当職員の分析技術の高位平準化を図る目的で実施し、技術研鑽に努めています。
  • 分析前処理チェックシートの記帳及び保管
     分析行程のどの部分に問題があったかについて、後からでも検証可能にする目的で実施しています。
     分析の各行程について、担当者と実施方法について記録するチェックシートを分析検体ごとに記帳しており、内部分析報告書とともに保管しています。

迷惑メール対策のため、画像で表示しています。すべて半角英数小文字で「ジー・シー・エー・アール・シー・@・ジー・アイ・エフ・ユー・ハイフン・シー・エー・エル・ドット・オー・アール・ドット・ジェイ・ピー」
ページの先頭へ
一般社団法人ぎふクリーン農業研究センター
〒500-8367 岐阜市宇佐南4-11-5 TEL.058-276-5072 FAX.058-276-5074
Copyright(c) Gifu Clean Agricultural Research Center All Rights Reserved.